所属アーティスト

現在 exbit trax に所属しているアーティストは 5 名います。

 

コンピなどで外部から協力して下さっているアーティスト様に関しては、こちらではご紹介していません。

特定のアーティストに対するブッキング/オファー等は各個人にご連絡頂くか、当レーベルを介して頂いても構いません。
info : exbittrax@gmail.com

ni-21

ni-21

 

DJ・プロデューサー・オーガナイザー。東京在住。

 

2000年8月にキャリアをスタート。ジャンルの変遷を経てアップデートを重ねても、なお一貫して持ち続けているスタイルテーマは「HARD」。エレクトロニックミュージックの構成要素のうち最重要とも言えるボトムについては、その硬さ・重さに並々ならぬこだわりがあり、破壊力と疾走感を常に追い求めた結果、ドロップするトラックはさながら重戦車のよう。自身の体格と空間・機材を最大限に活用したアグレッシブなパフォーマンスも相まって、クラウドからは「強い」という評価を集めている。

 

2010年に楽曲制作を本格化。シーンの先導者 YOJI氏によるMIXCD「VIBLE03」に、オリジナルトラック「Ravey Days」が採用収録・シングルカットされたのを皮切りとし、以降トラック/リミックスを数多くリリース。いまでは「Tech Dance x Hardgroove x Industrial x Hard Acid」のクアッドブリッドスタイルへと進化を遂げた。現在はexbit trax (JP)によるコンピレーションに楽曲提供中。

 

2015年からは盟友YU KIYOMIYAとDJ・楽曲制作のコラボレートプロジェクトをローンチ。地球規模のムーヴメントとなった「EDM」のHARD系サブセットと目される「HDM」「Subground」にフォーカスし、グローバル展開をも視野に入れた活動を開始した。

 

DJ, Producer, Event organizer, living in Tokyo.

 

In 2000, ni-21 (as pronounce "nee nee") started his career as a dj.

 

Even repeated updates through the transition of the genre, theme of music he has always continues to have consistently the "HARD". For the most important elements of electronic music is to say bottom part (like kicks and rhythms). He has strong interest to its hardness and weight. As a result of chasing the interest, he always drops speedy and destructive powered tracks.

 

In 2010, he started full-scale music production. His original track "Ravey Days" has been adopted to "VIBLE03" compiled and mixed by Mr. YOJI (global leader of HARD DANCE MUSIC scene). After that success, he released a number of tracks and remixes.

 

In early 2015, he launched a collaboration dj / music production project with YU KIYOMIYA, with a view to global expansion. They focus on "HDM" and "Subground", which is HARD-based subset of "EDM" currently.

 

Website -> http://www.ni-21.com

Facebook -> https://www.facebook.com/djni21

twitter -> https://twitter.com/djni21

soundcloud -> https://soundcloud.com/djni21

youtube -> https://www.youtube.com/user/ni21dotcom

 

CaZ

通称きゃずお。1983年生まれ。DJ ギグとトラックメイキングを受注可能。TELEXISTENCE レジデント DJ、姉妹イベント No Style Is My Style オーガナイザー。2012年11月頃より正式にレーベルクレジットを襲名。

 

ハードスタイルヤクザ。2008年頃より都内を中心に現場でのDJ活動を開始し、今現在都内屈指のHardgroove Party"EXTREMA"やOnline直結型イベント"TELEXISTENCE"にて、全世界的に最も勢いのあるハードサウンド"Hardstyle"を武器に活動しているDJである
また、2012年からは"exbit trax"に所属し、オリジナルトラックのリリースも開始しトラックメイカーとしても活動中であり、今後ますます活動の幅を広げつつあるアーティストの一人である。
SoundCloud http://soundcloud.com/dj_caz

Philce

通称くろくろ。玄葉秋人。1983年生まれ。エクスビットトラックスオーナー。DJ ギグとトラックメイキングを受注可能。Philce や Anne Maddox をはじめとした複数の名義を使い分けている。

 

DJとしてのキャリアは約10年。六本木COREにてデビューし、青山、代官山六本木などでHard Danceを軸としたプレイを行なってきた。自作ブート音源を用いた、独特な選曲を行うことに定評がある。イベンターとしては六本木velfarreに務めていた経験を生かして大規模、小規模を問わず様々なパーティーに運営として参加、または主催してきた。2011年にHard Danceレーベルとしてexbit traxを旗揚げし、独自の解釈で音源制作とリリースを進めている。またDJやクラブカルチャーを仕事として選択するようになり、プロギグはもちろん、音楽専門学校で DJ 講師をしたり、機材ショップの店員を数年間務めた。tcpt主催のTokyo Hard Groove Session等でもメインフロアに出演するなどしている。

 

2013年10月にTech Fu Recordingsから"MEHERS HIGH"をリリースし、ワールドマーケットデビューを果たす。制作した音源の一部はRemo-con氏のBlockFM内番組Remote Controlでプレイされたり、同氏謹製のEXTREMANIAX VOL1に"The Shooter","Metaphor","KNIGHT"が、次作EXTREMANIAX VOL2に"ECHIDNA",CaZとの共作"D-STEPPER"が収録され、QUACKISH EPでは遂に所属パーティーEXTREMA冠名トラックである"EXTREMA PT.5"に参加するに至った。2015年、Philce名義としては初となる単体名義コンピ"xbtcd15 - Philce / Crown Clown"を刊行、初販時は開始1時間を待たずに完売する注目作となる。また、Philce名義はRemo-con氏によって銘名されたものである。

Bee.Bee.

通称びーびー。DJ ギグとトラックメイキングを受注可能。

 DJ・プロデューサー

 

 1990年生まれ。

12歳よりダンスミュージックに興味を持ち、

15歳、高校進学と同時にトラックメイクを通して本格的に作曲へ傾倒し、各音楽スタイルを貪るように模索。

 

 2009年、音大進学とほぼ同時にDJキャリアをスタート。

デビュー以前から傾倒していたUKハードハウス・Nu-NRGを武器に、現在まで都内各所での活動を続ける。

盛衰著しいクラブサウンドの波に飲まれず、頑なに同ジャンルへ情熱を注いできた。

 

 手掛けるジャンルの幅を増やせど、

己の信条とする「リビドーを扇情する暗く硬い音」に芯を置き、

形式をDJや楽曲問わず現在まで発信し続けている。

 

 2013年「xbtcd05 - V.A. / Crack」への自作曲「I Wish」採用を皮切りに、2014年よりexbit traxに正式参加。

以降定期的にコンピレーションアルバムへ楽曲を提供中。

 

 2015年

オーストラリアの楽曲レーベルElectric Releasesより「Omegalpha」がni-21氏のリミックスと共にリリース。

国外へ向けた活動にも重きを向けている。

photo by クロブチ

cochaMe

通称こちゃめ。旧名称小茶目。DJ ギグとトラックメイキングを受注可能。

 

北関東在住のfemale DJ。

 

元々ヴィジュアル系ロックバンドの熱狂的なファンであったが、トランス全盛期にたまたま出かけたクラブで耳にした HARD DANCE MUSIC に衝撃を受け、DJ活動の開始を決意。

 

2007年、地元・栃木にてDJデビュー。以降、北関東をベースとして活動してきたが、2012年からはその活動の場を東京にシフトした。

 

ALL HARD DANCE MUSICの祭典 "TOKYO HARD GROOVE SESSION" でのプレイが高く評価されたことをきっかけに主要クラブにおけるパーティーに数多く招聘され、2015年にはHARDシーンの最重要パーティー "EXTREMA" のクルーに抜擢された。

 

CDJが定着してから現場デビューしたにも関わらず意外にもアナログ派。HARD DANCE MUSICであればなんでも吸収する貪欲さを持ちつつも、HARD HOUSE / HARD TRANCEへの造詣が深く、時にバイナルオンリーでのセットも披露するなど、真に新旧織り交ぜたプレイが異彩を放っている。

 

制作にも注力しつつあり、業界でも数少ないFemale ALL HARD DANCE MUSIC DJとして、今後益々の活躍が期待されている。

 

なお、スーパーマリオで一番好きな敵キャラはフルーリー。

 

https://www.facebook.com/cochame.x

https://www.twitter.com/dj_cochaMe

https://www.mixcloud.com/cochame/

 その他のオプション